読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定着から放浪へ 放浪から定着へ

自転車の旅、そのほかの旅について書いています。

NZトラフィックジャム - cycling NewZealand -

気持ちよく下り坂を下っていると先を行くダニエルが、ブレーキをかけて止まった。何かと思えば、前方には牛の群れ。 「すごいな、ダニエル。日本でトラフィックジャムといえば車だが、NZは牛なんだな」と私が言うとダニエルが「ハハッ」と声をあげて笑った…

TOUR of EAST CAPE - cycling NewZealand -

陸地の先っぽに立って世界を眺めると、空と海はどこまでも青く、水平線で淡く溶け合っていた。 遠くではやさしい色をしている空だが、私の真上では見るもの全ての印象を一色にしてしまうほどの濃厚な青の世界が広がっている。 その中で唯一、存在感を際立た…

海岸へ - cycling NewZealand -

快晴。実に2日ぶりだ。朝からベーコン焼いていると、ルティアが「シマ、ランチ作ってるの?」と聞いてきた。ルティアはあまり朝から肉は食べないらしい。「日本人は朝何を食べるの」と聞かれたので、「ライスと味噌スープ、それからフィッシュだ」と、答えて…

旅するサイクリストたち - cycling NewZealand -

この日は初めて終日、雨の中を走った。 キャンプ場で朝食をダニエルと食べていると、雨が降り出して来た。慌てて屋根のあるところにテントを移動させ、撤収。 撤収は少し大変だったが、走り出せば何とかなった。 雨のPapamoreBeachを後にし、途中雨が止み、…

その男 -Cycling NewZealand-

ダニエル・クーマーに出会ったのは、Waihiの街だった。彼に会わなければ、私の人生は大きく変わっていたと思う。旅と日常とどう付き合って生きていくのか、そうした人生の可能性を私に教えてくれた男であり、数年後、私がタスマニアに行くきっかけを作った男…

Coromandel -Cycling NewZealand -

ようやくニュージーランドを自転車で走り始めた。幸い天気は快晴。 Papakuraの駅を出ると、少し家が点在しているだけで、あとは緑の広がるのどかな道が続いていた。かつて自転車で旅をした北海道も広大だったが、それよりもはるかに広く感じられる。そして、…

NewZealandへ -Cycling NewZealand -

勤めていたホテルを辞めて旅に出たのはちょうど10年前だった。私が目指したのはニュージーランド。いつか海外を自転車で旅がしたい。ずっとそう思っていた。10年前の旅が自分にとってどんな時間だったのか。記憶が完全に風化してしまう前に昔の日記やガイド…

旅の終わりにまた旅を想う 2009年1月6日

帰りの飛行機が出るのは夕方。 まだ自転車の梱包をしなくてはならないが、そこまで急がなくてもいい。朝はゆっくり食事をし、宿をチェックアウトするとまずは昨日の自転車屋に向かった。自転車屋に続く坂道を登る。自転車屋のドアを開けるとスキンヘッドのオ…

Gone Riding 2009年1月6日

帰国まで3日。今いるシェフィールドから最後の滞在地になるDevonportまではわずか30キロほどしかない。ふつうに2時間見ておけば問題ない距離だ。残された時間をどう使うか。デボンポートに到着すれば、お土産を買ったり、帰国に向けた準備を始めることになる…

Sheffield 2009年1月5日

朝、テントの外に出ると、昨日ほど快晴はないが、悪くない天気。旅の最大の目的地であったクレイドルマウンテンも満喫出来て良かった。チェックアウトするため、テントサイトにぶら下げていた名札を受付に返却する。精算してもらうと、2泊で30ドルでいいとい…

旅の時間 2009年1月4日

昨日、遅く寝た割に早く目が覚めた。習慣とは恐ろしい。だが、テントから出る気になれず、グズグズしていた。顔を洗い、キッチンへ行くとすごい人だった。さすがに人気のキャンプ場だ。食事をしていると、昨日話しかけてきた日本人夫婦と話をした。旦那さん…

風景に至る道 2009年1月3日

朝8時出発。悪くない時間だ。 だいたい2時間ぐらいで最初のジャンクションまでたどり着くことが出来た。Murchison Hwyは一番高いところでも標高690mが最高だった。 ジャンクションから3キロほど進んだ道の脇で昼食にした。昼は昨日宿で作ったステーキサンド…

行く手の山は雪を抱き 2009年1月2日

朝、雨が強烈だった。ジーハンのスーパーマーケットでトーストスライスのパン1斤とカメラのフィルム、コーヒーを買った。スーパーを出るころには、幸い豪雨は収まっていた。それでも、雨がやんだと思うと、急に晴れて暑くなる。そしてしばらくすると、ザー…

Henty Dune 2009年1月1日

2009年になった。 何となく正月らしいことをしないといけいような気がしたが、すぐにどうでもよくなった。それより気になるのは天気だ。まぁ天気もはっきりしないうえに突然変化するいつものタスマニアンウェザーだろう。朝、バックパッカーのキッチンにステ…

ストローンの大晦日は歌とともに更けて 2008年12月31日

朝起きると、Mattはすでにいなかった。 まぁ、私が三日で行く予定のところをその日のうちに行くと言っていたから朝が早いのも当然だろう。 休息日の大晦日。 休息日と言っての走らないだけで、特に予定があるわけでもない。朝も宿でゆったり過ごした。 宿の…

P.B.Pの男 2008年12月30日

クィーンズタウンは今日も朝から雨。毎日こんな天気が続くのだろうか。気持ちはイマイチ乗らないが、今日は隣のStrahanの街へ行くだけだ。距離は50キロというところか。ゆっくり出ても昼には着けるだろう。キャンプ場のレセプションで自転車のパンク修理が買…

GTに乗ったサイクリスト 2008年12月29日

レイクセントクレアのバックパッカーは宿泊客の割にキッチンが狭かった。昨日相席になったおっさんは声がでかくてうるさくてかなわなかったが、今朝はドイツから来たという40くらいの綺麗な女性が前に座っていて、ある意味落ち着かなかったが、周囲は静か…

Lake St.Clair 2008年12月28日

7時過ぎにゆっくり目覚めた。キッチンで朝食を摂っていると、キッチンにいたおっさんが「今日は雨だぜ」と脅してくる。窓の外を見れば、なるほど、そんな天気だ。まずは次の集落、Bronte Parkを目指す。グレートレイクから離れると道は再びダートになった。 …

旅する老夫婦 2008年12月27日

朝、テントを撤収する際に少し雨に降られたが、その後は晴天に恵まれた。グレッグとスー、それから犬のミッチーに別れを告げ、再びダートロードを走る。昨日ほどではないが、峠と思われるところの前後でよく上った。 ダートの道は思いの外、長く続いた。道の…

タスマニア湖沼地帯へ 2008年12月26日

昨日はテントで横になっているうちに寝てしまった。夕方、あたりが少し暗くなってきた頃、バーベキュースペースに人が集まっていた。 キャンプ場のオーナーがソーセージを焼いている。私の姿を見つけるとトングを持った手を軽く上げ、私を呼んだ。 「パンや…

真夏のクリスマスはLongfortdで 2008年12月25日

クリスマスの朝。街はどんな感じなんだろう?普段通りなのか、騒がしいのか、それとも静かなのか。自転車を宿の外に出し、出発の支度をしているとリアタイヤがパンクしていた。フロントはホイールを外すときにキャリアの一部を外さないといけないので(下がク…

Launceston散策  2008年12月24日

今日は休息日。ロンセストンの街を一日散策する予定だ。 偶然、クリスマスイブだが、そこはあまり重要ではない。 ハチミツを塗ったトーストとコーヒーで朝食。シンプルな朝食を済ませるとに自転車で街の中心部に出た。 荷物のない自転車は軽い。 街の中心地…

Tamar Valley 2008年12月

ローヘッドのキャンプ場を後にして、ジョージタウンまで戻る。ジョージタウンで昨日立ち寄ったインフォメーションセンターに行く。ジョージタウンからロンセストンに広がるタマーバレーは両岸に道があるが、『ロンリープラネット』によれば、谷の西側の道ほ…

Low Head Penguin Tour 2008年12月22日

朝、腕時計のアラームで目を覚ました。いつも寝過ごすのを防止するためにアラームをかけるようにしている。一日走って、ビールを飲んで寝るとテントが明るくなっても目を覚まさないことがあるのだ。よく寝たな。昨夜は10時過ぎには眠ってしまったのではない…

夕暮れのBridport 2008年12月21日

Rengerwoodで道を尋ねたら、別れ際に、"Have a merry Christmas!!"と言われた。なるほど、あと数日でクリスマスだ。こっちはクリスマス期間はお店とか営業するのだろうか?こういう基本的なことが分からない。まあ、なるようにしかならない。***************…

山岳の日 Branxholm 2008年12月20日

セントへレンズを8時ころに出て走り出す。セントヘレンズは小さいが、必要なものはだいたいそろう街で、通りも海も空もとてもいい印象の街だった。また来たい街の一つだ。 セントはレンズからハイウェイA3を西へ。あまり走らないうちに、一軒の店が見えた。…

Binalongbay 2008年12月19日

St.Helensのユースホステルの朝は静かなものだ。電気ポットでコーヒー用のお湯を沸かし、ポップアップトースターでトーストを焼く。ニュージーランドもタスマニアも大抵のユースやキャンプ場にこの二つのキッチン家電はある。こちらで売られているトーストは…

St.Helens 東海岸を北へ  2008年12月18日

ビシュノーを出発。ビシュノーの街のはずれで車に轢かれたのだろう、ペチャンコになったフェアリーペンギンが道路上に横たわっており、かなりのショックを受けた。タスマニアで初めて見たペンギンがこんな姿とは。。道はこの数日を思うと比較的平坦な道だ。…

Wineglass Bay 2008年12月17日

6時半起床。周囲のベッドの客はまだ寝ているが、ゴソゴソ出発準備をする。今日は一旦、荷物を預け、午前中はフレシネ国立公園を歩いてみるつもりだ。ホバートで韓国人のサニーが言っていたMt.アモスをからワイングラスベイを見てみたい。荷物を確認するとビ…

Great Oyster Bay  2008年12月16日

禁酒して2日。薬のおかげもあり、体調も良くなる。天気もよさそうだ。これなら自転車に乗るのも楽しいだろう。朝、トリアブアナ出発。キャンプ場のオーナーはとてもいい人たちだった。出発のとき、礼を言う。 どこへ向かうのかと聞かれたので、フレシネ半島…

Triabunnaのドクター 2008年12月15日

今日はとてもいい天気だ。快晴と言える晴れはタスマニアに来て初めてではないだろうか。 だか今日は走らない。 昨夜から腹痛と熱っぽさが抜けず、調子が悪かった。まだ走り出したばかりだが、先のことを考えるとちゃんとしたほうがいい。一日休息を取り、念…

strong winds and steep hills 2008年12月14日

昨日は日本人と盛り上がって深夜まで盛りあがったため、飲みすぎてしまった。今日から本格的に自転車に乗るのだが。。ベッドで荷物をまとめ出発の準備をする。ニュージーランドを旅していた頃からの習慣で朝食前に出発準備を概ね済ませておく。何でもいいが…

サマランカマーケット 2008年12月13日

午前三時、アラームが鳴ってとなりのベッドから身支度をする音が聞こえる。Sunnyが出発するようだ。彼女は私が目を覚ましたのに気がついたのか、去る前に一言声をかけてくれた。元気で。君のおかげでこれからの旅が楽しみになったよ。そのあとすぐ再び眠りに…

新たな旅 Tasmaniaへ 2008年12月11日~12日

アラスカの旅からおよそ2年半。私は再び旅に出ることにした。どこに行くべきか、いや、どこに行きたいか。行き地場所はたくさんある。北欧、カナダ、アラスカ、ニュージーランド、アイルランド、モロッコ、タスマニア、パタゴニア、キューバ・・・あげれば切…

帰国  2006年8月19日~20日

スワードからアンカレッジに戻り、いよいよ帰国となった。街が動き出す時間を考えながらキッチンで朝食を作る。日本から持ち込んだタラコスパのソースが残っていたので朝からタラコスパを作って食べた。前回ニュージーランドを旅したときに無性にタラコスパ…

スワード 余韻の旅 2006年8月18日

雨の一日だった。幸いキャンプ場を出るまではあまり降られることなく助かった。雨の中、濡れたテントを撤収する作業は本当に大変である。濡れたテントは畳みにくいうえ、その作業だけでずぶ濡れになるのは必至だ。 また、それで一日が始まるとなるとその日の…

リス、ブラックベア、白頭鷲  2006年8月17日

朝目覚めると、外は曇り模様。テントを畳むとキャンプ場のオーナーの家の玄関を叩いた。昨日の夜、食料の入ったバッグを預けたのだ。 私営のキャンプ場でクマが出る恐れがあるところで ソフトシェルのテントで泊る場合は当たり前のことだ。 食料の入ったバッ…

キーナイ半島の自然 2006年8月16日

北極海を離れてからずっと天気が悪かった。雨は降ったり止んだりを繰り返した。 一説には帰国まで断続的に続いたこの雨は日本からの影響という説があるが定かではない。 雨の中、ベトベトのままテントを撤収。朝からいい気持ちはしない。帰国の時にもこのス…

Alaska Railroad 2006年8月15日

旅のスタート、アンカレッジまで戻ることになった。帰国までの数日間、キーナイ半島で過ごすためだ。フェアバンクスからアンカレッジまではアラスカ鉄道で移動することに決めた。バスと飛行機という手段もあったが、 ニュージーランドから帰国する際、南島の…

再会と出会い 2006年8月13日~14日

Fairbanksに滞在した二日間、記録がほとんど残っていない。あいまいな記憶を探りながら書くことにする。:::::::::::::::朝早く、渡辺さんはネーチャーイメージの牧栄さんに連れられて旅立って行った。良い旅を。渡辺さんはこのあと壮絶な旅を…

北極圏からの離脱 ‐ 再びGo Northへ 2006年8月12日

寝不足のまま、朝を迎えた。 朝食が7時までということで早起きは辛かったが、レストランで朝食を済ませる。 食事はビュッフェスタイルだった。あまり食欲はなかったが一応食べた。 このホテルは石油採掘関係の労働者が多く使うらしく、 通路など至るところに…

北極の街 2006年8月11日

オランダ人サイクリスト、アリーとレオの部屋で一泊させてもらい、パブリックスペースで日記を書いて時間を過ごしていた。 オランダ人サイクリスト、レオ。デッドホースを散策していた。 午後からプルドーベイツアーに行くのだ。 ダルトンハイウェイの終点で…

ここが世界の果てならば 2006年8月10日

ダルトンハィウェイ、マイルポスト332 北極海のデッドホースまであと、82マイル。 「今日が最後だ。」 いつものようにパンを焼き、珈琲を淹れる。 地図を眺め、どこで休憩をとるか、大まかな予定を立てる。 もっとも、予定通りにいった試しなどなかったが。 …

始まりの風景 2006年8月9日

朝、昨夜同様寒いであろうと思いながら意を決してテントの外へ出ると昨日あれほど強かった風は止み、野営地を暖かい朝日が包んだ。厳しかった寒さがうそのようだ。寒いには寒いのだが、そこに厳しさはない。やさしい極北の朝。 コーヒーを淹れ、『Milepost』…

己の身の程 Atigun Pass 2006年8月8日

ワイズマンの宿で朝食を食べながら、宿泊者ノートを眺めていると日本のTVクルーの書き込みがあった。 迎えた晴れた朝への喜びとこれから出会うだろう素晴らしい景色に期待を膨らませる内容だった。 今朝の天気は晴れ。私もまさに同じ気持ちだ。 今日はどこま…

雨のWiseman 2006年8月7日

「こんにちは、予約の人ね。オフィスはこっちよ。」 カリブーの角がたくさん架かったゲートを抜けると 建て増しをしているログハウスから女性が声をかけてきた。 「雨が降る前に着いて良かったわね。」女性の後をついてログハウスに入る。中は家族だろうか、…

Coldfoot 2006年8月6日

朝、シャロンの車で目が覚めた。 運転席でも十分広かった。少し背中が痛いがよく眠れた。外でビクビクしながらテントを張らずに済んでよかった。外はとてもいい天気だ。シャロンが出てきたのでお礼を言う。今日はシャロンは友人とここで会う約束をしているら…

Arctic Circle 2006年8月5日

長い一日だった。今日もまたゆっくり起きた。昨日は真夜中に目が覚めて、少し眠れなかったからだ。朝食に日本から持ち込んだひやむぎを食べる。随分塩辛い。しまったことに昨日水場のところにオークリーのサングラス 置き忘れてしまったのを思い出した。一応…

ユーコン川を越えて 2006年8月4日

熊に襲われることなく無事に起きることができた。 命の心配をしていた割には間抜けな話だが、 テントが明るくなってようやく目が覚めた。 かなり眠れた。頭が冴えてくるにつれ、今こうして生きていることに感謝をした。何事もなく朝を迎えることが出来たのだ…

ダルトンハイウェイの洗礼 2006年8月3日

昨日、寝ていると少年の声で起こされた。私がテントを張っていた場所はまさにトレイルの出口でトレイルから四輪バギーでやってきた少年とその家族を邪魔してしまったようだ。テントを動かし、いっしょにいた父親と話す。クマについてきくと このあたりはブラ…