読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定着から放浪へ 放浪から定着へ

自転車の旅、そのほかの旅について書いています。

行く手の山は雪を抱き 2009年1月2日

朝、雨が強烈だった。
ジーハンのスーパーマーケットで
トーストスライスのパン1斤とカメラのフィルム、コーヒーを買った。

スーパーを出るころには、幸い豪雨は収まっていた。

それでも、雨がやんだと思うと、急に晴れて暑くなる。
そしてしばらくすると、ザーザー降りに逆戻り。

相変わらず難しい天候だ。

とはいえ、概ね晴れになってきたので、
雨用のオーバーグローブは外して走った。


昼、ローズベリーに着く。まぁいつもの感じのアップダウンでここまできた。

冬の始まりのような山。季節は夏なのだが。。



寒いはずだ。ローズベリーの街から見える山々、
おそらく1000級だと思われるが、雪が積もっている。

足下は、靴下二重で真冬状態だが、じっとしているとやはり冷える。


「The Blue Dolphins Cafe」という店で昼食。
ハンバーガーにチップス、カプチーノをマグで。10ドル90セント。


ハンバーガーはバンズに肉が挟んであるだけで他に具のないそっけないものだった。

カフェで食事をしていると、私が向かっているTullahの方から
サイクリストがやってきた。

また老練な感じの男性だ。話を聞く。


聞けば、この老練なサイクリストはサウスオーストラリアの人で、
北中部、デボンポートからクレイドルマウンテンを回ってきたらしい。
ちょうど私がこれから行くルートを来たようだ。

今日はこれから、ジーハンハイウェイでクィーンズタウンに抜けるらしい。

ガイドブックを眺めていたので、見せてもらうと
Lonely Planet』のオーストラリア、サイクリスト版だった。



オーストラリア全土を網羅しているものだが、
思った以上にタスマニアの情報が多かった。
私もこれにするか迷ったが、結局、更新されたばかりの
Lonely Planet』のタスマニア版を使っていた。

サイクリスト版は私もニュージーランドで使用したが、
モデルルートと高低差が示されていたり、
ライターの実際走った感想なども掲載されていて、とてもいいガイドブックだった。
もし、海外にツーリングに行く方がいれば、ガイドブックにおすすめしたい。

老練なサイクリストが撮ってくれた写真。恰好が完全に冬だ。

老練なサイクリストと別れ、街のスーパーに入る。

ローズベリーは山間の小さな街でメインストリートが北に向かって坂になっている。


スーパーは街の規模相応の小さなところで
店主の子どもだろうか、15歳くらいの女の子がレジを打ってくれた。

彼女はなんだかとても退屈そうに見えた。

タスマニアの山間の小さな街に暮らす少女の日常が少しだけ垣間見えた。




ローズベリーを出てしばらくのところに赤で「REDUCE SPEED」の看板があり警戒した。

ニュージーランドで同種の看板を見たのが、
南島の西部と東部の境、Auther's Passと同じく南島のTakaka Hillで
どちらも早々にインナーローを使ってしまうようなかなりの峠だった。

この赤い看板がある峠は危険!と思ったが。。

だが、今回は中部の湖沼地帯の激坂に比べたらたいしたことはなかった。


ローズベリーからは天気は大きく崩れず、小一時間ほど上った。
おおむね予定通りだ。


相変わらず、右膝の調子はよくないが、まあ行けるレベルだ。
明日は難所のクレイドルマウンテン、明日もこうだといいが。

 

 


やがてTullahの街に到着。今日はここの宿を予約してある。
宿はLake Roseberryの湖畔にあった。


標高180mとあるが感覚的には1000mぐらいだった


本日の宿泊先、Tullah Lakeside Chaletはかなりいいところだった。
いつものように相部屋の部屋をお願いしたのだが、
南国リゾートホテルのような雰囲気だ。

宿を間違えたのではないかと思い、確認したが
間違っていなかった。一泊25ドル。


あまりに立派なので、レセプションで「料金は?」と恐る恐る聞くと
「25ドルだよ」と言ってくれた。素晴らしい。

宿泊棟は4棟あり、雰囲気は違うがアラスカのカリブーインを思い出した。
宿泊客はあまり多くないようだった。

部屋に荷物を置く。部屋はまたもや私一人のようだ。
おお素晴らしい石鹸とタオルがある。
石鹸はもったいないので、封を切らずにもらっておいた。


キッチンでロースベリーで購入した肉を下ごしらえし、
きのうびしょ濡れになったテントを外に干した。


テントを干していると、カップルのサイクリストがやってきた。
二人はアデレードから来たという。

アデレードから来たサイクリストカップルのバイク。スポークの間にトランプが挟んであった。



彼らもロースベリーで出会ったサイクリスト同様、私の逆のルートを来たらしい。

私も明日はクレイドルだ、と言うと彼女のほうが

「私たちも今朝までクレイドルだったの。本当に寒くてびっくり!道は凍っているし、グローブ持っていなかったから、冬用のグローブを高いお金払って買う羽目にあったわ」
と矢継ぎ早に話し始めた。

聞けば、気温は一度しかなかったらしい。


おいおい、北極圏の夏より寒いぞ、クレイドルマウンテン!


彼氏の方が「テントは凍るし、雪にも降られてね」と参ったといった感じで言っていた。

大丈夫か?ここまでとは正直聞いていなかったが、
幸い装備はなんとかなるレベルだ。
クレイドルマウンテンがどうあれここまで来たら行くしかない。



夕食の前にビールを買いに宿のバーに行くと
ビール2本で11ドルだという。

何!?

普通の倍の値段だぞ!

高かったが、ないと困るので、しぶしぶ購入した。


キッチンで夕食を作る。
インスタントのトマトスープにカレーソースで味付けして
パスタを加えた。

 

 


ソースが余ったので、パンにつけて食べた。

ジーハンで買ったパン。キャラウェイシードの香りが効いておいしかった。

食事をしていると、さっき話していたサイクリストカップルが何か口論していた。
英語能力が低いおかげで何を言っているかさっぱりわからなかった。
まぁ、首を突っ込むべき話ではないだろう。


キッチンで日記を書きながら、ビールを飲んでいると
「お前見たぞ!」とまた別のカップルに話しかけられる。
旅をしているとしばしばある。


私はビール、彼らはワインを飲みながら話す。
聞けば、彼らは今回車でタスマニアを回っているが、
過去に自転車でニュージーランドを回っていたことがあるらしい。

しばらくニュージーランドの話で盛り上がる。

それにしてもタスマニアを旅している人たちの多くが
ニュージーランドを旅しているのはどうしてだろう。

私もニュージーランドを旅しておいてよかった、と思った。


 

広告を非表示にする